ハリネズミの温度管理・湿度管理

東京ハリネズミ 最適な飼育方法の考察と観察!
最終更新日:2019/04/23

ハリネズミの飼育が難しいと言われる一つの要因として温度管理が挙げられます。ハリネズミは特に寒さに弱く、室温が低すぎると低体温症になります。冬眠のような状態になるので、冬眠と言われることがありますが、低体温症という病気であることを押さえておきましょう。一見冬眠しているように見えますが、ヨツユビハリネズミは冬眠する能力を持っていないので、高確率で死んでしまいます。雪山で遭難した人間が眠ったら死ぬぞ、というアレと同じですね。人間も冬眠する能力がないので、眠っているようでも死に至ります。最適な温度を知っておくことで不要な病気を避けることが出来ますね。

適正温度は25~28度

例えば飼育する際に、住んでいる部屋の温度は何℃くらいか把握していますか?25℃~28度というのは東京、日本では一年中保つことが困難ですね。木造一戸建てや木造アパートは特に注意が必要です。気密性が低いことで外気温に影響を受けやすいので、適温を1年中維持するのはほぼ不可能です。

エアコンは1年中付けておくことになりますので、電気代が高くなるのはあきらめましょう。

温度管理がうまくいかず、温度が低くなると低体温症(俗に冬眠といわれていますが冬眠ではありません)になりますので注意してください。逆に温度が高くなると夏眠してしまったり熱中症になります。

適正湿度は40%~60%

湿度も管理が必要になります。我が家では加除湿器を導入しました。4万円ほどです。痛い(笑)。除湿器を導入しても水槽タイプのケージだと、効果がほとんど無いので湿度の高くなる夏場は、金網タイプのケージに一時的にお引越しするのも一つの方法です。

よくお菓子に入っている乾燥剤を天板に数個貼り付けるのもありかもしれません。ただ何かの拍子に下に落ちてハリネズミが食べてしまうリスクもあるので、あまりオススメはしません。

ハリネズミは温度管理・湿度管理が難しい

飼う前は可愛さ100%ですが、飼い始めると管理の難しさに頭を悩ませることが多いです。出費も多くなりますのであらかじめ知っておくことが大事です。飼った後にやっぱり難しく匙を投げたくなる人もいるくらいです。事前に温度管理・湿度管理が大変だということを理解しておいてくださいね。

ハリネズミのあんちゃんのラインスタンプ販売中!
最適な飼育環境を『東京ハリネズミ』

東京ハリネズミとは?

実際にハリネズミを飼って得た知識や飼育の仕方をまとめたサイトです。東京から情報を発信しているのでこの名が付きました。これからハリネズミを飼う方も、既にハリ飼いになっている方にも参考になるように更新してまいります。

ハリネズミのあんちゃんのラインスタンプ販売中!

最近の記事

人気のページ

オススメのページ

カテゴリ一覧

プロフィール

サイトマップ

スマホでも東京ハリネズミをよろしくお願いします!

お友達にも教えてね!

東京ハリネズミQRコード