【レビュー】イースター ハリネズミセレクション【令和元年版】

東京ハリネズミ 最適な飼育方法の考察と観察!
最終更新日:2019/06/04

イースター株式会社のセレクションシリーズはブランディングがしっかりしていますね。シンプルなデザインでいて、少し他よりも高そうなイメージを与えるのがうまいです。ハリネズミセレクションだけではなく、バニーセレクション、チンチラセレクション、ハムスターセレクション、なんとジリスセレクションまで展開しています(最近はリチャードソンジリスは流行りなのでしょうか。ちょこちょこお店で見ることが多くなっている気がします)。ペットショップで必ずと言ってもいいほど目にすることがあるかと思います。我が家ではチンチラもうさぎも飼っていますが、チンチラセレクション、バニーセレクションともにローテに組み込んでいます。嗜好性は若干他の商品よりも劣りますが(噂によれば美味しさに欠けるらしいです)リピートして購入しています。そんなセレクションシリーズですが、ハリネズミセレクションは一体どうなのでしょうか。

外装・パッケージ

イースター セレクション ハリネズミセレクション

シンプルでシルバー、ホワイト、グリーン、黒でまとめられていてデザインに力を入れているように見えます。他の商品と並んでいたら少なくとも一度は手に取ってみたくなるような様相を呈しています。内容も外装の完成度に伴っているとは思いますので選択肢としてはありですね。

気になるお値段は?

600gで2,000円弱は結構高めですね。コジマの『大地の恵み La Terra ハリネズミフード』と同じくらいの金額でしょうか。ちなみに大地の恵みは300gで1,000円弱です。

Amazonレビューに気になる点が

我が家では同様の事象が起こったことはないのですが、他の購入者のレビューにちらほら下痢になったという報告があります。不特定多数のレビューを信じるかは個人としての問題になるのであくまで参考程度に考えておいた方が良いかと思います。

他の回答者様同様、アルミ袋に変わった後の賞品を与えたところ下痢になりました。中身間違っていないのか再度確認頂けませんか?5袋単位で頼んでしまったのですが、与えると必ず下痢になるので困っています。同商品で中身がビニール製の物では大丈夫でした。
新しいロットの製品になってからなのか、中身が透明のビニール袋からアルミ袋になりましたが、これを食べたウチのハリネズミ5匹全てが下痢になりました。フードの色合いが以前のものより完全に黄色いと思います。12月9日に頼んだ分はビニール袋のもので全く大丈夫でしたが、その後12月19日に頼んだ新しい分がアルミ袋になっており、これを与えてからと言うもの、かれこれ1週間ずっと下痢です。中身、別物になってませんか?

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-600g-200g%C3%973/product-reviews/B00JHDPWNQ/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_next_3?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&pageNumber=3

なんでも、少し前に製造方法を変えたような疑惑があるようです。他にも新しい包装方法になった餌を食べなくなったという方もいました。メーカーサイドからは特に報告がないのでなんともいえませんが、製造方法や製造工程の変更によって食べなくなることはよくあります。実際に我が家のうさぎも大好きだったパパイヤビスケットのパッケージが変わった途端に食べなくなったことがあります。そのときはメーカーに問い合わせてみたのですが、やはり製造工程の見直しとともに材料の配分も検討しなおした、ということでした。こういったことはよくあるようですね。

良く食べる?

我が家のあんちゃん♀はお気に召さなかったようで、口も付けず放置してあります…みなさんのレビューを読む限りでは結構食いつきは悪くなさそうです。

うちのハリネズミはとても食い付きが良い為、リピート購入しています。 200gずつ小分けパックになっているので、鮮度的な部分でも安心です。 また、水にふやけやすいので浸してすぐに食べさせる事が出来ます。
我が家のハリネズミは喜んで食べます(*^^*) やはり、国産は安心できますし、量もたっぷりで嬉しい上に、中が3袋に別れているので、使いやすいです!

我が家では実感できませんでしたがなかなか好評のようですね。

原材料について

ホミニーフィード、脱脂大豆、チキンミール、コーングルテンミール、ビートパルプ、ブドウ糖、ビール酵母、チーズパウダー、昆虫粉末、アルファルファミール、ニンジンパウダー、卵黄粉末、卵殻粉末、アップルパウダー、乾燥バナナ、オリゴ糖、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、桑の葉粉末、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、アガリクス(β-グルカン源)、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(Ca、Cl、K、P、Na、Zn、Fe、Cu、Mg、Mn、I、Co、AI)、アミノ酸類(Met、タウリン)、ビタミン類(コリン、C、B3、E、B5、イノシトール、A、B6、B2、B1、B9、K、ビオチン、B12、D3)、酸味料(クエン酸等)、香料ホミニーフィード、脱脂大豆、チキンミール、コーングルテンミール、ビートパルプ、ブドウ糖、ビール酵母、チーズパウダー、昆虫粉末、アルファルファミール、ニンジンパウダー、卵黄粉末、卵殻粉末、アップルパウダー、乾燥バナナ、オリゴ糖、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、桑の葉粉末、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、アガリクス(β-グルカン源)、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(Ca、Cl、K、P、Na、Zn、Fe、Cu、Mg、Mn、I、Co、AI)、アミノ酸類(Met、タウリン)、ビタミン類(コリン、C、B3、E、B5、イノシトール、A、B6、B2、B1、B9、K、ビオチン、B12、D3)、酸味料(クエン酸等)、香料

鳥肉系フードのようですね。ホミニーフィードって何でしょうか…

ホミニーフィード(Hominy feed)は、コーングリッツとコーンフラワーを製造する際の副産物であり、とうもろこし胚芽、皮及び微粉状のデンプンの混合物である。 主として家畜のエネルギー源として、とうもろこしと同様全畜種に普通に使用される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89

トウモロコシの胚芽と皮とデンプンを合わせたもののようですね。エネルギー向上の役割を担っているようです。「昆虫粉末」は何の昆虫を使っているのかが非常に気になります。時間があればメーカーに問い合わせてみますね。

保障成分

たんぱく質
29.0%以上
脂質
5.0%以上
粗繊維
4.5%以下
灰分
9.5%以下
水分
10.0%以下
カルシウム
1.4%以上
リン
1.0%以上
ビタミンA
12,000IU/kg以上
ビタミンD3
2,000IU/kg以上
総エネルギー
430kcal以上/100g

ミルワームを使用していないのでりんの含有率が他の餌よりも低めですね。これはポイント高いかもしれません。総合的に栄養を考慮した作りになっているので、メインフードとしては最適ではないでしょうか。

総評

しっかりした外装は見掛け倒しではなさそうです。我が家ではちょっとお口に合わなかったようですが、たくさんの方から支持されている商品であることは間違えないようです。栄養素も満遍なく行き届いているのでローテーションのメインフードとして活躍してくれそうですね。ただセレクションシリーズは嗜好性が若干弱いところがあるので、もっと小売りにして価格を下げてくれると良いのですが…(ハリネズミセレクションに限らずチンチラセレクション、バニーセレクションなどでも)


イースター ハリネズミセレクション 600g(200g×3)
ハリネズミのあんちゃんのラインスタンプ販売中!
最適な飼育環境を『東京ハリネズミ』

東京ハリネズミとは?

実際にハリネズミを飼って得た知識や飼育の仕方をまとめたサイトです。東京から情報を発信しているのでこの名が付きました。これからハリネズミを飼う方も、既にハリ飼いになっている方にも参考になるように更新してまいります。

ハリネズミのあんちゃんのラインスタンプ販売中!

最近の記事

人気のページ

オススメのページ

カテゴリ一覧

プロフィール

サイトマップ

スマホでも東京ハリネズミをよろしくお願いします!

お友達にも教えてね!

東京ハリネズミQRコード